FC2ブログ

和食厨房・如稲(いね)/福山市  仕出し(法要・お祝い・弁当・パーティ・オードブル)、会席、出張料理、ご贈答、お届けグルメ

吉備後国「旬の食楽」。地元素材・季節の素材を大切にした郷土・福山の食、日本伝統の節供料理情報等楽しくて役立つ食情報をお届けします。。

敬老お祝い膳  重陽の節供

おじいちゃん、おばあちゃんに、「ありがとう」と「長寿」の思いを込めて

敬老お祝い膳
1膳/4,300円(2膳より承ります)
 限定/50膳
お承り締切日/9月17日(木)※先着順、定数で締めきりとなります。
お届け日/9月19日(土)・20日(日)・21日(祝)

●お申し込みは/TEL.084-925-9456 FAX.925-9450

09keirou

お献立
◎煮物
 小芋 キヌサヤ もみじ麩 どんこ 出汁巻
◎酢の物
 かに酢 平貝 胡瓜 わかめ
◎肉料理
 ローストビーフ 五味薬味
◎組み肴
 若鶏幽庵焼き タコ・ゆり根梅肉かけ 焼ききのこかぼす酢合え 黒豆松葉 
 いちじくと枝豆白合え 小松菜・そばの実なめこ合え
◎お造り
 平目 カンパチ
◎ご飯物
 ちらし寿し(金糸 海老 キヌサヤ しいたけ 胡麻 金粉) 
 栗入り赤飯
◎デザート
 紅白白玉 かんてん 小豆 キウイ パイナップル



●如稲の節供料理
 敬老お祝い膳 重陽の節供

ineinfo

 如稲では季節を彩る、節供料理をお届けしています。
その中で、旧暦・新暦の事、新しい時代の休日や習慣とのこと、そして伝統文化のことを考えさせられます。
 現在、あたらしいライフスタイルの中に、節供料理の伝統を生かす料理ができたら・・・と思っています。

 敬老の日と重陽の節供の趣旨は良く似ています。
 敬老の日はお年寄りに感謝し長寿を願う日です。

重陽は五節供の最後を締めくくる、自分や家族の長寿と一家の繁栄を祈る行事です。重陽の節句は中国の重日思想から発した祭日です。9月9日は奇数最大の9が重なる「陽の極まった数の重日」ということから、大変めでたい最大数の「重陽」の日で、長寿や繁栄を願う節供となりました。
 旧暦の9月9日ころは菊が咲く頃です。そうしたことから重陽の日は「菊の節供」ともいわれ、菊の花と結びつきが強い節供です。新暦では今年の重陽の節供は、10月28日(月)です。
 「菊酒」は「老いを洗い流して、若返る」効果があるとされています。
 確かに、菊の花には若返り効果の高いビタミンEや、免疫力を強化し肌の酸化を防ぐ作用のあるビタミンCが多く含まれています。また、脳の血行をよくして、物忘れを防ぐ葉酸の多い点でも栄養学的にも注目されます。
 菊の花は生薬としても使われ、解熱や鎮痛、解毒、浄血などに効果があると言われます。


●秋冬の出張料理、お届けのふく料理、鍋料理をはじめました。正月おせちのご予約も承ります。






スポンサーサイト